スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PJ485♯1】上沼垂の485をつくる その2

おはようございます

今日は朝から外出なのでちょっとゆっくり出発です。
そんなわけで、ブログアップしちゃいましょう。

新潟センターの485系の続きです。
1990年のもっとも運用範囲の広かった頃をお題目に設定して、白鳥用T編成9両を再現していきます。
大阪寄り200番台GU車は3両あったようで、反対側のボンネット非GU車という編成も現存しませんがあったようです。


雑誌のバックナンバーをたよりに研究します。
48505

少なくとも四両は0番台ボンネットが在籍したらしく、ちょうど鉄博に保存された車両の前後の番号が上沼垂所属であると確認できたので鉄博記念品の26番から改造します。
改造箇所は塗装変更と連結器カバーの簡易型への変更です。

183あずさで不要になったダミーカプラーに汎用の連結器カバーをつければ完了です。
200番台はアクセントをつけるため車体色で塗ってみました。

ちょうど手元に能登用のモハユニットがあるのでこれを活用すれば自由席の三両はまとまりそうです。
あとはGU車のユニットですがこれは大変なのでじわりとやりましょう。

48506
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どうもです。

正直なところ「ボンネット車は旧国鉄特急色に限る!」と思い込んでいるのであまり好きではないのですが、かえってインパクトが大きいですね!!

塗り替えの作業量が多くて大変そうですが編成化を目指して頑張ってください。

Re: No title

>東の小心者さま
どうもです。
> 塗り替えの作業量が多くて大変そう・・・
どうもこの手の編成ものは中間車がおおくてモチベーションが続くかどうか(汗
とりあえず、非GU車はキノコの初期ユニットで塗装変更が完了しました。
GUの中間車は6箇所継ぎますので作業が大変です(涙

No title

>GUの中間車は6箇所継ぎ
「その3」を見ましたがとても真似できません(笑
プロフィール

たうん

Author:たうん
主にNゲージの製作記事を掲載してまいります。
これまで他のサイトでブログを書いておりましたが、このたびメインの掲載先を移住をすることとなりました。
宜しくお願いします。

【お知らせ】
最近、迷惑コメントが非常に多いため、いただいたコメントは承認後に表示するよう設定変更いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。