スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の車窓から(その4) イタリアミラノ近郊編

さて
ドイツ→スイスときましたので
今回の旅の最終地イタリア編①です。

スイス国境のティラーノからはTRANORDのローカル列車です。
Mil01
(tirano FS)
イタリア国内のローカル列車はそれぞれ運行会社が分社化されており、北イタリア地区はTRENORDが担当しています。かな~りスイスからのギャップに戸惑いながら・・・

ミラノ中央駅に到着です。

ここからは各方面に高速列車が発着しています。
各列車には愛称が付いており、これまではユーロスターイタリアとなっていましたが、
トレニタリア(イタリア国鉄)が運行する高速列車はそれぞれ愛称がついています。
ETR500使用の高速列車Freccia rossa(赤い矢)、
ETR500とIC客車を組み合わせた高速列車 Frecciabianca(白い矢)
ETR610などの電車を使用した Frecciargento(銀の矢)

ミラノ駅に佇むETR500 Freccia rossa
Mil02
(Milano central)

ミラノ駅3番線からはマルペンサ空港へのアクセス列車(Malpensaexpress)が発着します。
この車両もFLIRTの派生形で低床連接車です。

Mil05
(Milano central)


ところで、最近は別の運行会社NTV(ヌオーヴォ・トラスポルト・ヴィアッジャトーリ)が設立され、主要都市間の高速列車を運行しています。その代表列車がイタロです。
主にミラノではポルタ・ガリバルディ駅を発着しています。
東京でいえば新宿のような位置づけで、近代的なビル建築が進んでおり副都心化しています。

イタロ専用ラウンジと切符売り場のエントランス
Mil03
(Milano Porta Garibaldi)

ホームには真っ赤なボディ
Mil04
(Milano Porta Garibaldi)

同駅にはフランスからのTGVも発着していますので専用ラウンジも♪
SNCF01
(Milano Porta Garibaldi)

ホームには到着済みのTGVもおりましたww
パリからミラノまでの7時間で走破する国際列車です。
SNCF02
(Milano Porta Garibaldi)

最後にと~ってもクラシカルなミラノのトラムです。
Mil06


つづく
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たうん

Author:たうん
主にNゲージの製作記事を掲載してまいります。
これまで他のサイトでブログを書いておりましたが、このたびメインの掲載先を移住をすることとなりました。
宜しくお願いします。

【お知らせ】
最近、迷惑コメントが非常に多いため、いただいたコメントは承認後に表示するよう設定変更いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。