スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

485系3000番台をつくる(その5)

こんばんは

このところ、木工細工にかかっているのですが、中々進みません。

ちょっと車輌工作にも浮気…

485系3000番台のヘッドライト点灯加工をしてみました。

まずはマイクロ製品で状況を確認してみます。
485R19

光り方も含め、イメージが違いますよね…

元々の日光・きぬがわ用のものでは寄り目になってしまいますので683系のライトケースの移植を試みました。
特にヘッドライトと運転台の構造が似ていますので、使えるかもという発想です。

ライトケースを設置した状態
485R20

遮光に適している黒いランナーパーツでライトケースを作成し、光ファイバーを通します。
隙間をGMのアルミ箔タイプのステッカーで遮蔽し光漏れを防ぎます。

元のボディで運転台用のクリアパーツの足が干渉するので切除します。
進行方向での点灯状況が製品のままでは暗いので、223系2000番台用に交換します。

納まった状態はこんな感じです。
485R21

最大出力ではこんな感じ。明るさは十分です。
485R22

・・・と何で大変な加工をせざるを得なくなったかというと、
種車のライトケース部品を片側紛失したためだったりします(大汗

ラウンドハウス車みたいにASSYが全然出回らない車輌を加工するときはパーツ紛失に細心の注意が要りますね…

ちょっと光が漏れるのが気になり、さらに修正。
プラ板に0.5mmと1.1mmの穴を開けてライトケースを作ってみました。

非点灯時もなんとなくライトケースが見える状態です。
485R23

点灯時にHIDランプの大きさの違いが分かります。
485R24

テールライトも加工しないとですね~。
加工も大変なので走行方向を決めてしまおうと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>ちょっと車輌工作にも浮気…
早っ!!
ちょっとどころか浮気じゃ済まなくて、本気になって(ry・・・・・・・・

Re: No title

>芋さん
こんばんは
材料のストックが無かったのでちょっとお休みしました。
とりあえず確保したので再開していきたいと思っています。

ゆっくり進めますね~
プロフィール

たうん

Author:たうん
主にNゲージの製作記事を掲載してまいります。
これまで他のサイトでブログを書いておりましたが、このたびメインの掲載先を移住をすることとなりました。
宜しくお願いします。

【お知らせ】
最近、迷惑コメントが非常に多いため、いただいたコメントは承認後に表示するよう設定変更いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。