スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【PJ485♯2】信越の俊足ランナーをつくる その1

こんにちは

今週もまったり引き込もり生活が続いていますww
今日は天気が悪いのに塗装作業…
マスキングするときにホコリが少ないから案外良いかも(大汗)

先日からグレードアップ白鳥編成を作っていましたが、それに飽き足らず…
報われない工作-PJ485の第2弾です♪

JR黎明期の485勢ぞろい??
485kk01


かがやき・きらめきカラーの485は自分にとってはなじみの深い編成です。
埼玉の実家から金沢のお里までは東海道経由より上越経由のほうが今では当たり前のように便利ですが、平成の初めの頃は米原回りも長岡回りもほとんど時間差がありませんでした。
東海道・上越の有効時間を逆転させたのがこの485系かがやきでした。
停車駅を極限まで削ったので、直江津・富山・高岡にしか停車せず、上野~金沢間を4時間を切る時間で走り、当時の新幹線こだまより評定速度が速かったと記憶しています。
※白山は6時間30分かかっていましたから、2時間30分のアドバンテージはデカイです。

そんなわけで、1988年のJR初のダイヤ改正から登場した同車はその後展開されるオリジナル塗装、アコモ改善のお手本といっても良いかも知れません。登場当初は4両の全席指定で運用していましたが、需要に押されるように6両化、自由席連結と発展していきました。
題材にしたのは1991年に6連化されたときの改造車クロ480-2300で、かがやき用に改造され、ほくほく線開業後は加越、雷鳥と転用され2004年ごろまで活躍していました。

種車はクハ481とサロ481でともにカトー製品です。
つい最近まで当方では特急色をまとっていましたので、見たことある方もいるかもしれませんね♪

485kk02

クハの運転台とデッキ部分を残してサロの小窓部分を移植する加工です。
これをGUあずさで置き換えると白鳥のGU車になるわけです。

485kk03

それにしても派手な塗装なのでマスキングが大変でした(汗
青・オレンジそれぞれ重ねず塗りわけ⇒マスキングして白、金の順に塗っていきます。

【カラーレシピ】
青:gaia 004 ウルトラブルー
オレンジ:Mrカラー109 キャラクターイエローにMrカラー81 あずき色を8:2の割合でブレンド
白:GM21アイボリーにgaia 001フラットホワイトを1:1でブレンド
金:gaia 122スターブライトゴールドにgaia 121ライトステンレスシルバーを4:1の割合でブレンド


なかなか実車どおりの色が出ていると思いますww

485kk04

どうやら、JRマークの位置を間違えた模様…
早速修正セネば(大汗
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

夏に向けて ~アーバンNEXT~ その3

こんにちは

昨日はちょこっとおでかけしておりました。
先頭車の改造の続きです。
カタログとにらめっこしながら作成を進めていますが、デラックスシート車と標準車窓割りは一緒なんですね♪

そんなわけで加工途中の写真をUPして見ます。
前回の加工メニュー画像と比べると一目瞭然でしょうか…?

next08

そんな訳で再掲です。
next07

反対向きだったことはご愛嬌ということでww
next09

長さの延長が必要なスカート形状についてはこんな感じです♪
next10

次は…
切り継ぎが必要なもう一両(サ21420)を進めていきましょう。

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

たうん

Author:たうん
主にNゲージの製作記事を掲載してまいります。
これまで他のサイトでブログを書いておりましたが、このたびメインの掲載先を移住をすることとなりました。
宜しくお願いします。

【お知らせ】
最近、迷惑コメントが非常に多いため、いただいたコメントは承認後に表示するよう設定変更いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。