スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レオカラー】西武4000系が入線しました

こんばんは

先日発売されたMicroaceの西武4000系が入線しました♪
8両セットなのですが、乗り入れ先の秩父鉄道用としての入線でしたので、半分の4両を友人とシェアすることになりました。

早速、車両を見てみたら…
Microお馴染みの出目金かつスカートがデカイ…
これは修正せねば!と加工が始まりました。

【加工内容は以下の通り】

ヘッドライトケースをTAVASAのパーツに交換
スカートの角度を修正
手すりパーツの交換

左が加工後です
S4001

ちょっと顔立ちがはっきりしましたね♪

厚ぼったい手すりも交換してあります
s4002

ヘッドライトの導光パーツを削りだしてライトケースに収まるように修正します。

ヘッドライトも点灯♪
s4003

では、色々並べてみましょうww

秩父的な並び~
s4005

s4006

いい感じです♪
動力の手配もやらないとですね~
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

【エアポート】JRH721系の補正をしてみましょう

こんばんは

久しぶりにJR北海道ネタです。
マイクロエースの初期製品には781系や721系といったこれまで完成品に恵まれなかった
北海道の車輌がいろいろと出て喜んだものですが、どうも表現がイマイチ…

というわけで早速弄ってみました♪

【加工メニュー】
・前面FRP形状の修正 (裾を削ってスリムに)
・ライトケースを小型化
・スカートの向き・形状を修正 

いわゆる小顔メイクですね
721001

側面から眺めてみます。
721002

実車の梅ー時に少し近づきました
721003

早速、以前に修正した781系とも並べてみましょうww
721004

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

【振り子化】スーパーはくとの振り子化

こんにちは

作業のウエイトをストラクチャーづくりに振り向けているので
なかなかコチラにうpするものがなくなりつつあります(汗)

そんなわけで今日は軽工作ネタです。


以前にもちょっとUPしたマイクロエースのHOT7000です。
コツコツとバラジャンクをかき集めて5両の所定編成まで集まりました。
すべてKATO製のキハ283の足回りに置き換えます。


動力を除いてすべてキハ282で行けますので、お財布に優しくまとまります。
HOT011

M・Tともに窓パーツの突起をすべて切り取り、干渉部分を現物あわせで切り詰めます。
HOT012

HOT7050は半室グリーンなのでサロ183のジャンクより移植
HOT013


ここで効果の確認をして見ましょう。
KATOのカントレールに485系HG車と並べてみました。

傾き具合が分かりますね♪
HOT014

そんなわけで5両をてきとーに並べて記念撮影!
HOT015

やっぱり振り子車は傾いてナンボですね!
HOT016


と、軽工作でコーヒーブレイクしてみました♪

地面の別室ではこんな作業が続きます。

http://hatsu2008.blog52.fc2.com/

NJ01

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

【塗装修正】おけいはん改め地鉄10030

さて、こちらのページは車両工作を続けてまいります。
近鉄シリーズに続いてマッハカラーによる塗装変更の第2弾です。

今回は京阪3000系を題材に、富山地鉄へ転属直後の雰囲気を再現してみました。
車輌はマイクロエースの京阪3000系の初期ロットです。
写真右のような安っぽい色合いで前から修正したいと思っておりました。

塗料は以下のとおり
マッハ60C 京阪8000系上部色
マッハ61B 京阪8000系下部色


写真では質感までは分からないようですが、格段に引き締まりました。
titetsu05

アンテナ箱、ジャンパ栓を追加して地鉄風に
titetsu03

カプラーも密連⇒自連に
titetsu02

幌も撤去し、穴を埋めます。
titetsu07


結構良い感じに収まりましたね。
まだ台車交換と動力化はやっていないので追々やることにしましょう。


現在、鋭意整備中の地鉄車輌群
titetsu06

1990年代初頭の時代設定で、地鉄の車輌群を順次増やしていっています。
485系スーパー雷鳥やサンダーバードの付属編成が乗り入れていた頃のイメージです♪


まもなくRailways?の公開も迫り富山地鉄が気になる今日このごろです♪

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

【試作】HOT7000を振り子にしてみる

こんばんは

今日は尾張からおでましのB様のご接待で日本橋をうろついておりました。
たまたまですがHOT7000の先頭車がジャンク(なんと¥1,100)で手に入ったので
以前から気になっていた加工を施してみました。

まずは中間車から
KATOのキハ283から足回りを調達してHOTにはめ込んで見ます。
中間車では内法がHOTの方が少し狭いようですが加工なしで何とかおさまりました。
少し膨らみが気になる場合は床板をペーパーで削って見ても良いかもしれません。
車端部でKATOカプラーの突起が干渉するので、ここは削り落とします。
意外とあっさり嵌ったので、ちょっと驚きでした。

加工なしの車両と比較するとこんな感じです。
HOT01

カントレールに載せるともっとわかります。
HOT02

つぎに
先頭車の加工をして見ましょう。
足回りは全てキハ282を使用して、HOT7000のライトユニットはそのまま生かす手法で進めます。
床下、座席をそれぞれ並べてみましたが、カットラインは赤線のところです。

HOT03


マイクロ側はグレーのライトユニット部分で切断して黄線の部分とライトユニット裏側のねじ止め山をカットします。
KATO側は座席前方部分をカットして、床板から出ている同部分の突起をすべて削り、中央部分の幅広の突起もカットしてしまいます。
こうすることで、ボディへの干渉を最小限に抑えることができました。
ボギー間が同じなので加工する目印がわかりやすいのもありがたいことです。

足回りは2社のいいとこどりで
HOT04

組み直しをして気になるところが一点ありましたので修正します。
振り子機能の部分が内法のガラスに干渉していました。
黄色線でカットして修正します。
HOT05

こうして、振り子化が完了しました。床下機器は実は大分異なるのですが(←キハ283は床置きクーラーだったりします)そこはグレー塗装でごまかしてしまいましょうww

カントつきカーブに載せると格好よいですね♪
HOT06

もともとのライトユニットは活かした加工ですので点灯もOK
HOT08


ということで、あまり手間もかからずに効果はてきめんでした。
近いうちに基本セットを購入して編成化したいと思います♪

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

たうん

Author:たうん
主にNゲージの製作記事を掲載してまいります。
これまで他のサイトでブログを書いておりましたが、このたびメインの掲載先を移住をすることとなりました。
宜しくお願いします。

【お知らせ】
最近、迷惑コメントが非常に多いため、いただいたコメントは承認後に表示するよう設定変更いたしました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。